婚活前のみなさんも、介護についてちょっと考えてみてください。

こんばんは。『結婚したい!』を応援する 婚活サポートEccoです。

婚活のご相談を受ける中で、『現在介護中ですが』『親の介護がやっと終わったので』といった、介護の話しを聞くことがあります。

ありがたいことに、私は親の介護には今のところ至っていません。

が、もうすぐ19歳になる老犬の介護が先週から急遽始まりました。

犬と人間を一緒にしちゃいけないけど、大切な家族であることになんら変わりはありません。

犬と人間て、介護に至るまでの流れや状況、日常生活の変化、家族の思い、どちらも変わりはないのかなって感じています。

話しには聞いていたけれど、介護って否応なく急に訪れるものですね。

現在『結婚したい!』という想いがあって、あと一歩の行動ができずにいる方に、今日はお伝えしたいです。

今ある日常は当たり前ではなくて、ある日突然おびやかされることがあるということ。

別に脅かすわけじゃないですけど、大事な家族が健やかに過ごしてくれていることがどんなに幸せなことか。

そして、家族の介護が始まってからでは、今の生活を送ることがいっぱいで、自分の未来=婚活は考えられなくなってしまうかなと。

実際に、親御さんの介護が30代から始まって、何年も過ごしてこられてから活動を始めた方も今までいらっしゃいます。

相談に来られた方でも、親御さんの介護真っ最中でお話を伺った中で状況的に活動を延期された方もいらっしゃいます。

人間て、何もない当たり前に生活している時ってあまり考えていなかったりしますよね。

自分の将来

家族の今後

何かコトが起こってから考えることもたくさんありますが、それに備えておくことはもちろん必要で、なによりはやっぱり

〝心の支え〟

〝協力してくれる家族〟

〝あなたの力になってくれる味方〟

が必要です。

今回の突然の介護生活ですが改めて考えてみると、いつも近くにいて、当たり前の様にそこにいてくれていた存在に何かあったとき、

〝日常での直接のサポート

〝気持ち面でのサポート

少し距離はあるけど

〝いざというときは助けてくれるサポート〟

私も、病院の行ったり来たりの日々を過ごしながらも、周りの家族や友達や親戚、色んな形で支えてもらってもらっているんだなぁと改めて感じています。

人間ひとりでは生きていけないですから。

今の生活はそれなりに快適かもしれないけれど、少し先の未来、大事な人に起こった危機のことも踏まえて、あなたの将来も今のうちから考えてもらえたらなって思います。

コラム一覧

幸せなときも辛いときも、私を支えてくれた大切な家族、ジョージです。

お問い合わせバナー