婚活・『いざという時』に人柄がわかる

この頃なんとなく思うことは『思いもしなかった驚くようなことが多いな』ということ。

大きな事件や大規模な災害、そして今回のコロナウイルスもそうですが、私の生きてきた50年の上半期と下半期(?!)は、犯罪も災害も事件も事故も様変わりしています。

生活の仕方や働き方もどんどん進化しているので当たり前と言えば当たり前なのだけど・・・

さて、結婚相手を選ぶ時、あなたはどんなことを基準にしていますか?

相手の年収だったり年齢だったり住んでいる地域であったり、いわゆる『条件』と言われることはすいすいと出てくると思いますが、年収も年齢も住まいだって、それがずっと続くものではありません。

一流企業で高収入を得ていたって、それがいつまでも続くとは限らない。

若くて可愛いと思っていた奧さんだって歳をとるし、

理想の地域に住んでいたって転職して違う土地に行くことになるかも知れない。

生きていれば『思いもしなかったこと』が起こるもの。

それなのに、頭だけで色々考えて想定して、それもなぜか悪い方のネガティブな方向にばかり考えるクセ、あなたにはありませんか?

もちろん危機管理は必要だけど、それよりも何よりも『思いもしなかったこと』が起こったときに、あなたはどう対処するのか。どんな人となら協力し合って『思いもしなかったこと』を乗り越えていけるのか。

相手に望む希望も大切かもしれないけれど、まずはそっちの方が重要じゃないかなと、私は考えますが皆さんはいかがでしょう。

今みたいな『いざという時』って、人柄がよく表われます。

いざという時の対処法は人それぞれで正解も無いけれど、あなたが『イヤだな』と思うことが一緒の人がいいかもしれませんね。

こういうアクシデントのときこそ、交際中の方の人柄を知ることができる良い機会かもしれません。

コラム一覧

お問い合わせバナー