コロナウィルスと婚活

この週末の外出自粛要請で、お見合いの延期が相次ぎました。

 

婚活中の方はデートもどうすれば良いのか困っている方も多いことと思います。

 

こんな時の婚活は電話が有効

 

婚活は電話も有効

 

『外出自粛だからしょうがないな』と相手を放置するのではなく、こんな時だからこそ電話で話しをしたり、LINEのビデオ通話を使って話してみることもひとつでしょう。

 

イマドキの人は電話が苦手な方も多いようですが、こんな時は電話も活用しないと。

 

会って話すのと一緒で、『色々大変な状況だけど仕事はどうしてる?』『時間はたっぷりあるからこんな映画を家で見たよ』など、他愛もない内容で良いのです。

 

せっかく自分の意思で始めた婚活なのに、LINEのやり取りも全くしないで相手を放置していると〝自分に興味ないんだろうな〟との考えになるのは、相手の立場になって考えてみれば分かることですよね。

 

そしてまだしばらくは続くであろうこんな状況ですが、デート等の日程や予定を考えるときに気をつけないといけないのは、価値観は人それぞれだということ。

 

特に今は非常時ですから、自分の考えを押しつけたり、相手の気持ちを確認しようとしない配慮の無さはNG。

 

そして、相手任せではなく、イヤならイヤと自分の考えもきちんと伝えましょうね。

 

『任せます』と言いながら、あとから『実はイヤだなって思ってた・・・』なんて、、どうなんでしょう(-_-;)

 

女性が結婚に求めるのは安心感

 

安心感を持ってもらえるためには〝相手の意向を尊重する事〟が大切です。

 

女性が外出を控えたい意向であればそれに従う方が得策でしょう。

 

外出自粛期間は別としても、女性が会いたい意向であれば、公園でのデートやマスクを着けながら会うことも良いでしょう。

 

真剣交際にもなっていれば、お家デートはかなり有効

 

ふたりでご飯を作ったりテレビを観たりすることで〝一緒に生活するイメージ〟ができて、お互いをもっと知ることができたり気が付くことも多くあると思います。

 

まだ真剣交際にいっていない方は、いつでも相手を家に呼べるように、家中大掃除!するのもいいですよね。

 

 

ついついネガティブな気持ちに傾きがちな状況ですが、日々の当たり前がどれだけありがたい日常なのか気づくこともできますよね。

 

こんな時だからこそ、世界中のみんなで思いやりの気持ちを持ちながらどうにか乗り越えて、争いごともなくなったらどんないいいだろう!!なんて、考えたりもしています。

 

桜満開の今の時期、今年はがまん。

 

来年はいつもよりもっともっと日本の桜の景色を幸せに感じることでしょう。

 

 

笑う門には福来たる!

 

コロナも婚活も、笑って乗り越えたいですね!