昨日は、初回面談で多摩センターまで行ってきました。

 

立川から多摩センターまではモノレールで。

 

いつもは車や電車なので、乗ってからも、ホームでも、高い位置からの全然違った景色を楽しむことができました。

 

いつも新宿でのお見合いに利用させて頂いている、お見合いの定番中の定番。『京王プラザホテル』

 

多摩センターにもあるなんて知らなかった~(;・∀・)

 

 

そしてラウンジの名前も新宿と同じ『デュエット』 レストランも同じ『樹林』

 

八王子のラウンジは『デュエット』ではないので、新しい名前考えるのが面倒だったのかなぁ?

 

なんて、どうでもいいことを一人考えてみたりして(笑)

 

さて今日は、婚活迷路について。

 

結婚相手を決めるのが婚活ですから悩みはつきものですが、いわゆるハイスペックやイケメン、若くて可愛い女性。

 

ぱっと聞いた感じではすんなり相手を決まりそうですが・・・・

 

これが案外そうでもない。

 

男性ならハイスペック、イケメン。女性なら若くてとっても可愛らしいor美人な見た目。

 

もちろん人気あります。お見合いの申込みもたくさんいただきます。

 

ただここで、一度迷路に迷い込むとなかなかどうして。

 

申込みはたくさん頂くので、ひとつひとつの出会いを大切にできなかったり、一人一人ときちんと向き合えないままで終わったり。

 

要するに〝自分に合ったいい人が他にもっといるんじゃないか〟という迷路にハマる。

 

自分に合ったいい人に、自分が合っているかの考えは欠けてしまっている。

 

システムの中には、高学歴で高収入で見た目も素敵なのに、何年も登録している人もいます。美人さんもしかり。

 

お見合いが簡単に組めてしまうから、相手と向き合ったり自分と向き合うことをせずに時間だけが過ぎて婚活歴が長くなってしまうということはよくある現象です。

 

いつもお伝えしていますが、婚活って相手とも、そして自分とも向き合うことです。

 

どんな結婚がしたいのか、そのために自分はどう考え行動していけばよいのか。

 

相手に望んでばかりでいるうちは、結婚なんていつまで経っても叶いません。

 

今日は少々ストレートにお伝えしましたが、イケメン、ハイスペック、美人女子にだけお伝えしているのではありません。

 

相手と向き合う、自分と向き合うことは婚活での外せない作業です。

 

自分とは違う人間と関わろうとする中で、

 

相手や自分と向き合うことを、しんどい、面倒くさい、自分はこれでいい、ありのままの自分を受け入れてほしい。という人もいれば、

 

心大きく、いろんなことを素直に受け入れて柔軟に考えを変えて進化していく人もいるでしょう。

 

婚活のカギを握るのそこにあると思いますが、あたなはどちらのタイプでしょうか❓