前回は『真剣交際』についてでしたが、今回は『一般交際』について。

 

 

今までも一般交際と真剣交際についてブログでも取り上げてきましたが、過去のブログまでは読まない🙄という方も多いと思うので、何度でも取り上げていきたいと思います。

 

お見合いをして、お互いが『もう一度会ってみようかな』『会ってみたいな』となれば〝交際成立〟となって、担当者を介して電話番号の交換がなされます。

 

会ったばかりの相手との〝交際〟という言葉に違和感を感じる方もいらっしゃると思いますが、〝仮交際〟〝プレ交際〟とも言われるように、あくまで仮の状態です。

 

業界用語みたいなものだと思っていただいてもいいかもしれません😅

 

お見合いまでは担当者同士で日程や場所などの調整をしますが、ここからは二人でのやりとり。

 

『今日はお見合いでありがとうございました』

 

『次はどこで会いましょうか』

 

こうやって進んでいってもらうわけですが、もちろん交際に際して『どんなお店を選べばいいのか』『どんな話をすればいいのか』など、困ったことや気になったことがあれば、Eccoでは会員さんとLINEでも繋がって頂くので、何度でも気軽に相談いただけます。

 

そして交際が始まりますがひとつ気にしなければいけないことがあります。

 

それは、結婚相談所での合理的なシステム。

 

一般交際のうちは何人とでも同時交際ができるということです。

 

こうすることで、時間を無駄にすることを最小限に抑え、同じ期間でより多くの方と会うことができるのです。

 

が。

 

ここで気にしないといけないことは相手も同じく同時交際ができるということ。

 

つまり、見極めているつもりで見極められている、比べられている可能性は大いにあるということ。

 

このことに関しては相談所に限らす婚活全般、アプリや婚活パーティーと同じです。

 

そこをついつい忘れてしまうと、選ぶ目線でばかり相手を見てしまうことになり、選ばれるという感覚を忘れてしまうことも・・・

 

先日、相談に乗ったAちゃんと男性の年収についての話になりました。

 

『今まで男性の年収なんてこれといって気にしたことがなかったので基準がわからなくて』と。

 

そうですよね。気にしたことがないんだからわからないですよねそりゃ。

 

けれど、登録している方のプロフィールは本当に様々。

 

上を見たらキリがないんだけど、〝いいに越したことはないのかな〟的な心理ってありますよね。

 

男性が女性に望む年齢についても同じく。〝そりゃあ若いに越したことはないんだろうな〟みたいなね。

 

その、〝なんだかわからないけど行列ができてるなら美味しいんだろう〟とできるラーメン屋さんの行列みたいな、

 

〝前の車が踏んだからとみんながついブレーキを踏んじゃった自然渋滞〟のような、

 

そんな現象が婚活市場ではとっても多いのです。

 

なのでEccoでは、一般的な男女の傾向をお伝えしながらも、

 

自分自身はどんな結婚生活を望んでいるのか

 

本当に必要なこと、譲れないことは何なのか

 

逆に、こだわらくてもいいのはどんなことなのか。

 

お金の心配があるならその道のプロに将来設計について相談にのって頂く会員さん向けのシステムもあるので、

 

あなたの未来に本当に必要なことを一緒に考えながらサポートさせて頂いています。

 

ほんの少し関わっただけでわかることもありますが、ほんの少し関わっただけじゃわからない奥深さがあるのが人間の面白いところでもあると私は思っています🍀

 

ひとつひとつのご縁を大切にしながら向き合って、あなたのベストだと思えるパートナーに出会えるよう日々全力でサポートをしています😊