Ecco会員さん。この1週間で、真剣交際に移行した方が3名。

 

じっくりだったり電撃だったりほっこりだったり、そこに至るまでは人それぞれ。

 

そして進んでからも本当に人それぞれ。

 

結婚までの道のりを楽しんでいる方もいれば不安に感じている方、冷静に見極めようとしている方。

 

100人いれば100通りだといつも感じます。

 

ここからご成婚まで、気を引き締めてしっかりサポートしていきたいと思っています。

 

ところで真剣交際ってなんだ❓ という方のためにご説明すると・・・

 

お見合いをしてお互いが『もう一度会ってみよう』となると一般交際(プレ交際・仮交際ともいう)が始まります。

 

結婚相談所の仕組みはとても合理的に出来ているので、この一般交際の間は2人でも3人でも同時で関わることができる(交際できる)仕組みになっています。

 

そして『この人なら結婚に向けて考えられる』とお互いがなれば、真剣交際に進むわけです。

 

要は、ここで世の中のみなさんがおっしゃる『付き合う』ということと同時に、相手を一人に絞って『結婚前提のお付き合い』が始まるということになります。

 

 

真剣交際まで進んだら、ここからは結婚に向けての具体的な話しをしていくわけですが、お互い思いや考えがあるので、スムーズにいったりいかなかったり、色んなことが起こり得ます。

 

結婚相談所とは名ばかりの、知名度は抜群に高いけれどサポートがほぼない相談所や、知名度もないけどサポートをしない相談所や(※笑いたいとこだけど笑えないので、気になるところがあればぜひHPのブログなどで日々どんなサポートをしているのか確認してくださいね)

その他データマッチング型の相談所、マッチングアプリなどでも、カップリングまではうまくいくかもしれませんが、そこから結婚までなかなか進まない、うまくいかないという話しは本当によく聞きます。

 

この『結婚前提のお付き合い』になってから、意見の相違もあれば、行き違いや勘違い、結婚に対する思い込みなどですれ違ってしまうことはよくあることで、それを防ぐために、私のようなサポート役がいるわけです。

 

なので、会員の皆さんが真剣交際に入ったら、結婚に向けての具体的な話しを色々してもらうわけですが、そこで意見の食い違いなどがあれば間に入って調整したり、考え方が偏っていないか、気になることはないかなどの相談にのりながら、プラス、必要な方には親御さんの承諾を得て、婚約にあたる『成婚』まで見届けるのが私の役目なのであります。

 

みなさんお互い、生き方や考え方、希望する未来、思い描く家庭像はそれぞれあるわけで、意見の食い違いはあってもおかしくないですよね。

 

そこをどこまで認められるか、譲れるかが、肝になるかと思います。

 

もちろん、片方だけが譲ったり認めてもダメなので、それぞれの思いの認め合いと譲り合いがとっても大切なのです。

 

今回は真剣交際についてでしたが、次回はその前の段階の『一般交際』についてお話ししたいと思います。