世の中何事も、うまくいく時もあれば、そうではない時もある。

 

婚活もしかり。

 

婚活をしてなくたって、異性に目が向いている時、そのどちらかですよね。

 

勇気が出なくてずっと想いを伝えられず、片想いし続けていれば傷つくことなくずっとそのままのグレーゾーンを選ぶこともできるけど。

 

お見合いをしてデートを重ねて、いいなぁと思った人に断られること。

 

自分のベストなパートナーを求めるなかでは、断るときもあるし断られるときもある。

 

それは仕方のないことだとわかっていても、なんだか自分を否定された気分になってしまったり、損してる気分になってしまったり、自分は婚活に向かないんじゃなかと思ってしまったり。

 

そんな気持ちになることはありませんか?

 

気持ちをかけてきた分、そう感じるのは仕方のないことかもしれません。

 

けれど答えはふたつにひとつ。

 

うまくいかない時のことの方ばかり考えていたら、そりゃあうまくいかないに決まってる。

 

色んな理由を探して、損をしない・傷つかない・障害物のない方を選んで生きていくことの方がラク。

 

けどここで〝ラク〟な道を選択して苦しいことから逃げていたり、人から与えられることばかり考えていると、いつまでたっても現状は変わらない。

 

なんてったって たったひとりのパートナーと出会うことが目的だから。

 

失敗したって、傷ついたって、あなたがあなたらしく、明るい未来を信じていれば、きっとうまくいく時が来る。

 

うまくいかない時のことを考えてあれこれ構えてしまうより、うまくいく時のことを考えて自分らしくいる方がいい。

 

と、私は思うのです。

 

うまくいかない要素があるときはお伝えし、一緒に考えていきます。

 

うまくいかなかったら・・・

本当にここで出会えるのかな・・・

前みたいに傷つくんじゃないか・・・

 

怖い気持ち、損したくない気持ち、傷つきたくない気持ちはよくわかります。

 

だけど後ろ向きな気持ち、疑ってしまう心がある人は魅力的には映らないから。

 

(あなたにとって)魅力ある人に出会うためには、まずはあなたが〝一緒にいたい〟と思われる魅力的な人にならないとね🍀