『今日、浅草デートするんだ』

 

先週末、高校生の息子が言ってきました。

 

息子の彼女はちょくちょく家にも遊びに来てくれるので、私も結構仲良くさせてもらっています😊

 

『浅草のあたりって、浅草寺の他にどんなとこがある❓』

そんな楽しい相談を息子にされて、あれはどう❓ここはどう❓

 

なんだか私まで楽しくなってきました😊

 

そして日中、ピンポーン ピンポーンとLINEが鳴ります。

 

息子の彼女からでした。

 

天真爛漫で素直な子なので、おそらく〝お母さんにも見せてあげよう✨〟って単純に思ってくれたんだと思います。

 

あ~ かわいい子だなぁ。

 

率直にそう思いました。

 

何が言いたいかというと、気持ちが嬉しいんです。

 

私のことも気にかけてくれて、こんなのあったよ、あんなの見つけたよ、ねーねー見て見て。

 

〝気にかけてくれる〟〝想ってくれる〟〝気遣ってくれる〟そんな気持ちがね。

 

交際中の会員さんに、〝何話せばいいかわからない〟〝なかなか距離を縮められない〟と相談を受けることがありますが、こんなことでいいんです。

 

これ送ったらどう思われるかな❓こんな風に思うかな❓あんな風に考えるかな❓

 

難しく考えると何にもできなくなっちゃいます。

 

〝感じたことを伝える〟(もちろんネガティブワードはNGだけど)

 

それって距離を縮めるコツなのです。

 

ちなみに、彼女が写真を送ってきてくれていたことを息子は今も知らないままです。

 

それだけ自然に何の気なしに送ったのだと思います。

 

『高校生みたいにそんなふうにはできないよ~』って思ったそこのあなた‼

 

頭でばっかり考えていませんか⁉

 

〝現在(いま)〟を変えたいなら、なんでも柔軟に取り入れて、今までやってこなかったことにどんどん挑戦していきましょね👍